【お知らせ】 熊本地震による阿蘇西原工場の被災により一部取扱いのない商品がございます。

また、ご注文より商品お届けまでに7~10日ほど頂いております。

【お知らせ】 自然災害の影響により、配送の遅延等が発生しております。ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

詳しくは→ヤマト運輸 お荷物のお届け遅延状況について



豆の皮をむいて練り上げるまろやかなあずき餡。

手仕事で100層に折るパイは豊かなバターの香り。手間ひまかけた秀逸な、和洋のあじわいが競演します。熊本城の壮麗な石垣の名を菓銘としました。

1989年 第21回全国菓子大博覧会 名誉無監査賞
2002年 第24回全国菓子大博覧会
              世界洋菓子連盟会長賞
2008年 第25回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞


熊本城

武者がえし 名前の由来
日本三名城一つ、熊本城は、築城名人加藤清正公が、7年の歳月をかけてつくりあげ、難攻不落といわれた壮麗な城です。 立ち並ぶ石垣は、上にいくほど垂直になる美しい曲線を描き、「武者返し」と呼ばれています。

熊本城 武者返し

武者がえし 名前の由来
熊本城に立ち並ぶ美しい曲線の石垣は、上にいくほど反り返るので登ることはできません。城に侵入しようとした敵の武者を返してしまうことから「武者返し(むしゃがえし)」と呼ばれています。

武者がえし 皮むき餡

武者がえし 手ぎり
小豆は、風味豊かな北海道産。小豆から胚芽や皮を取り除いた、真っ白な小豆、 そしてこの小豆から餡を作るにあたり、いかに風味に崩さず皮からでるアクの渋さを取り除くかという事が重要になります。

武者がえし 皮むき餡

武者がえし 手ぎり
小豆の皮をむいて、まろやかなところだけを練り上げる「皮むき餡」。ほんのりと、紫色を帯び、雑味がなく、なめらかな口どけ。甘さも控えめに仕上げました。

武者がえし 100層パイ生地

武者がえし 100層パイ生地
フレッシュバターを包み、手仕事で100層に折り込んで、1ミリの薄さに伸ばすパイ生地。バターの香りたっぷりに、サックリと焼きあがります。

武者がえし 100層パイ生地

武者がえし 100層パイ生地
フレッシュバターを包み、手仕事で100層に折り込んで、1ミリの薄さに伸ばすパイ生地。バターの香りたっぷりに、サックリと焼きあがります。

武者がえし 包む

武者がえし 包む
緻密に設計されたオリジナルの成形機が、薄いパイ生地で、餡を丁寧に包んでいきます。手間ひまかけて仕上げた和と洋のあじわいが融合します。

武者がえし 焼きたて

武者がえし 焼きたて
武者がえしを焼くオーブンの温度は、その日の天候によって慎重に調整します。焼き上がった武者がえしが、オーブンから出てきた瞬間、工場のフロアは甘い香りでいっぱいになります。